メンタルケアが必要な時に

メンタルケアのそれぞれ

積極技法

メンタルケアの中にこの積極技法というモノがあります。これは、カウンセラーがクライエントと会話をする際に、クライエント側の心の内側にある葛藤や矛盾そして、混乱などを聞き手側が、外側に自発的に出せるような環境を作ってあげる事なのです。

これに関しては、相手の反応や声のトーンをチェックし、それにあわせて、対応することが必要です。決して責めたりしてはいけません。ただ、話し手の話に対する問題を指摘してあげる事が重要になります。この時も、声のトーンや話す速度にも気をつけなくてはいけません。

こうして出てきた反応に関しては、必ずフォローも入れてあげることが大切になってきます。そして、上記した三種類のうち話し手側が話す内容に対して注意すべき点もやはり違ってくるので、十分な注意が必要となっています。ここで聞き手は、聞き上手でないとうまく相手が何を言わんとするのかをキャッチできません。

こちらが理解して初めて、解決の糸口が見えてくるという事です。そういう意味では、ある意味傍観者でなくてはいけないし、要点を見つけて、それを的確に指摘してあげる事が大切だという事ですね。要は、カウンセラーには、話術と観察力と冷静さと洞察力がとくに必要になってくると思いました。

一歩を踏み出してもらうきっかけを話すという手法により導き出すテクニック。一歩間違えると危険ですが、うまく引き出せれば大きな自分への自信へと繋がっていくこの職業も奥が深くとても大変な仕事だと思いました。いかにコミュニケーションが重要かを知る事が出来ました。

メンタルケアのそれぞれ

アートセラピー
傾聴
交流分析
積極技法

知っておきたい事

メンタリング
心理カウンセラーの求められる背景
総合医療
脳の仕組み
うまく付き合う秘訣
ボランティアのカウンセラー

精神的不安要素

ストレス
マイナス思考
劣等感

精神科医とカウンセラー

その違い
教育分野でのカウンセラー
公務員の心理職
産業カウンセラー
心理カウンセラー
公的機関で働くカウンセラー
臨床と認定心理士

こころの病

うつ
荷卸症候群
過呼吸症候群

得する知識

PTSD
メンタルケア協議会
メンタルタフネス
家庭内暴力とDV
催眠療法
社会とヒト
震災後のメンタルケア
Copyright (C) メンタルケアが必要な時に All Rights Reserved