メンタルケアが必要な時に

メンタルケアのそれぞれ

交流分析

現代社会において、私たちが生きていく中で人間関係や職場での人との関わり合いは、重要不可欠になっています。例えば、専業主婦の場合であれば、ご近所付き合いがある意味重要になってきます。その人のキャラクターにもよりさまざまです。

人とは、どうしても生理的に合わないとかがあり結果的に、いい関係を築こうとしない人を見かけます。これは、会社における場合も一緒で、取引先や上司と部下の関係も同じです。この様な場合は、仕事だからと一線をひいてそれに集中してやる人も多いのではないでしょうか。

これは、若干意味合いが違うかもしれませんが、人は、一緒にいて楽しい人や自分の素を出せる(ある意味心を許せる)人と良い関係を気づこうとする傾向にあります。これまで、上記してきたケースに対しての人間の心理とは、周りの環境に対して自分がどのような状態でいるのか、はたまた、自分は今いる環境でどんな自分でいるのかにより自分の心理状況が一転してしまうのです。

職場で非常にいい関係を築けていれば、それの環境にあった自分でいようと努力をします。決していい関係は気づけていないと思ったら、自分をある程度曲げてでもその環境にあった自分を作り上げようとする。このように、人の感情は常に変化し喜怒哀楽を感じます。これは、基本的な心の状態にあるようです。

人や社会とよりよい関係を築くためには、どうしても自己嫌悪に陥ったり、攻撃的になったり、人を宥めたりすることは、関係を持つ以上起こってくることなんです。なので、その関係から良い関係を見出す事が重要なのです。

メンタルケアのそれぞれ

アートセラピー
傾聴
交流分析
積極技法

知っておきたい事

メンタリング
心理カウンセラーの求められる背景
総合医療
脳の仕組み
うまく付き合う秘訣
ボランティアのカウンセラー

精神的不安要素

ストレス
マイナス思考
劣等感

精神科医とカウンセラー

その違い
教育分野でのカウンセラー
公務員の心理職
産業カウンセラー
心理カウンセラー
公的機関で働くカウンセラー
臨床と認定心理士

こころの病

うつ
荷卸症候群
過呼吸症候群

得する知識

PTSD
メンタルケア協議会
メンタルタフネス
家庭内暴力とDV
催眠療法
社会とヒト
震災後のメンタルケア
Copyright (C) メンタルケアが必要な時に All Rights Reserved