メンタルケアが必要な時に

精神科医とカウンセラー

産業カウンセラー

聞くとすごくスペシャリストと感じれるネーミングのこの専門職。カウンセラーでも、民間の資格の中では、一番知名度のある資格なのです。こちらは、少々歴史があるみたいですが、簡単に説明します。

これは、二昔前に旧労働省が認める技能審査であったため、公的資格でした。ただ、数年後に技能審査から外れたために民間資格に変更されたという歴史があります。なぜ、そこまでの歴史があったかと言えば、それは大阪万博より昔まで時間はさかのぼります。

あるとき、いろんな有名所の企業のカウンセラーといろんな部署の管理責任者があつまり、カウンセラー研究会なるものが開かれたのがはじまりです。おそらくは、質の高い人材を育成するためや発掘する為に、その研究会でいろんな知恵を出し合い知識を共有する目的があったのではないでしょうか。

その時代から、人材の育成には、すでに力を入れていたって事ですね。やはり、人材は会社のある意味宝みたいなところもあるのでしょう。ただ、その分普通のカウンセラーにはない知識なり、ノウハウがないと対応できない部分があると思うのです。そういう観点から見れば、すごい職だと理解できるし、知名度がある訳も自ずとわかります。

ただ、そういうところで働く従業員の人たちは、それだけストレスが溜まっているという事になります。やはり、同じフロア内で何年、何十年にも及んで仕事ばかりすると、職業病にもかかるだろうし、上司や部下との人間関係に悩むことも出てくると思います。それは、どこで働こうと場所や職種や人は違えど、環境はほぼ同じだからです。これは、どなたにも当てはまることですね。

メンタルケアのそれぞれ

アートセラピー
傾聴
交流分析
積極技法

知っておきたい事

メンタリング
心理カウンセラーの求められる背景
総合医療
脳の仕組み
うまく付き合う秘訣
ボランティアのカウンセラー

精神的不安要素

ストレス
マイナス思考
劣等感

精神科医とカウンセラー

その違い
教育分野でのカウンセラー
公務員の心理職
産業カウンセラー
心理カウンセラー
公的機関で働くカウンセラー
臨床と認定心理士

こころの病

うつ
荷卸症候群
過呼吸症候群

得する知識

PTSD
メンタルケア協議会
メンタルタフネス
家庭内暴力とDV
催眠療法
社会とヒト
震災後のメンタルケア
Copyright (C) メンタルケアが必要な時に All Rights Reserved