メンタルケアが必要な時に

精神科医とカウンセラー

教育分野でのカウンセラー

教育分野とは、すなわち教育現場でのカウンセラーという事になります。主役は、生徒であり子供であります。一昔前であれば、悪い事をすれば先生に尻を出され叩かれた経験は、男であれば誰しもあるのではないでしょうか。

それが当たり前だった時代から見れば、現代版の教育現場は、PTAという存在が常に付きまとう事で、先生としては、非常にやりにくい環境かもしれません。むやみやたらに生徒を怒鳴りつける行為など簡単には出来ない環境にあります。そんな意味で、この現場で働かれているカウンセラーは、忍耐力と子供と向き合うという気力が求められるのではないでしょうか。

具体的には、よく見かける進路指導、生徒指導、いじめや不登校の生徒の指導などです。これら多岐にわたる問題と常に向き合わなければいけません。特に細心の注意を払わないといけないのは、生徒指導といじめ、そして不登校の生徒指導です。やり方によっては、保護者に今の時代は訴えられる事もしばしばで、テレビでも報道されています。

ただ、子供たちが、その状態に至るまでには、何かほかに原因がある場合もあるのです。例えば、家庭環境です。よくあるケースとしては、両親が離婚したり、共働きでほとんど家では、一人での食事が多いとか。単に虐待もあります。先生の立場からは、家庭環境に口を挟むことは、出来たとしてもある一線まででしょう。

そういった環境を親が冷静になって気づいてくれ、いい方向に向かえば、そこまで重い問題ではないと思いますが、そこまで甘くはないはずです。ただ保護者の皆さんに言える事は、甘やかす事だけが子供にとって良いことではなく、時には、叱る事も愛情のひとつだという事です。

メンタルケアのそれぞれ

アートセラピー
傾聴
交流分析
積極技法

知っておきたい事

メンタリング
心理カウンセラーの求められる背景
総合医療
脳の仕組み
うまく付き合う秘訣
ボランティアのカウンセラー

精神的不安要素

ストレス
マイナス思考
劣等感

精神科医とカウンセラー

その違い
教育分野でのカウンセラー
公務員の心理職
産業カウンセラー
心理カウンセラー
公的機関で働くカウンセラー
臨床と認定心理士

こころの病

うつ
荷卸症候群
過呼吸症候群

得する知識

PTSD
メンタルケア協議会
メンタルタフネス
家庭内暴力とDV
催眠療法
社会とヒト
震災後のメンタルケア
Copyright (C) メンタルケアが必要な時に All Rights Reserved