メンタルケアが必要な時に

精神科医とカウンセラー

その違い

精神科医とカウンセラーとの違いについて簡単に説明していきたいと思います。まず、精神科医とは、病院での診察の後、自らが医療行為が出来、実際にくすりの投与などより具体的な処置が可能です。

逆に、カウンセラーの役割は、そういった行為が出来ない分、相談者の自立への道しるべ的な役割をはたすものとされています。別の捉え方をすれば、一日に何人何十人の患者をスピーディーに症状を見極めながらの対応とは違い、よくあるドラマの熱血教師のように、親身になって一人ひとりと向き合う事が出来るという点で大きく違っていると思われます。

どちらがどうという事ではありませんが、ひとつ言えることは、大きな社会問題として一時報道された通り、病院は、規模が大きい程それにかかる人件費やいろんな面での維持費がかかるものです。そういった経営の面からすると、その様に対処しなければやって行けない事実がそこにはあるのです。

一方、カウンセラーは、やり方や症状にもよりますが、場所を問わずにしかもある程度時間を決めながら相談者と向き合うことに終始するだけで問題がないのです。どちらも患者と向き合うという部分では、同じでありなんら変わりがないのです。人を助けるプロフェショナルである事に変わりはありません。

強いて明確な一線を引くならば、国家資格がある事と就職の面や経済的支援に差がある事は否めないのです。人は、肩書によりある程度人を判断する習性があります。ただそれは、その人の努力の賜物なのです。何にしても、患者や相談者の為にも、医療関係そして、カウンセルなどのシステムが働く人の観点からもっといい環境に早くなればいいのにと切に願います。

メンタルケアのそれぞれ

アートセラピー
傾聴
交流分析
積極技法

知っておきたい事

メンタリング
心理カウンセラーの求められる背景
総合医療
脳の仕組み
うまく付き合う秘訣
ボランティアのカウンセラー

精神的不安要素

ストレス
マイナス思考
劣等感

精神科医とカウンセラー

その違い
教育分野でのカウンセラー
公務員の心理職
産業カウンセラー
心理カウンセラー
公的機関で働くカウンセラー
臨床と認定心理士

こころの病

うつ
荷卸症候群
過呼吸症候群

得する知識

PTSD
メンタルケア協議会
メンタルタフネス
家庭内暴力とDV
催眠療法
社会とヒト
震災後のメンタルケア
Copyright (C) メンタルケアが必要な時に All Rights Reserved