メンタルケアが必要な時に

得する知識

社会とヒト

人と社会は、ある意味切っても切り離せないと言えます。社会にあって人と人とのつながりは、とても重要で、それが、団体や会社となり日々を過ごしています。無人島では、時間だけが、過ぎていき何の変化もありません。人間社会は、そうではありません。日々変化・進化を遂げています。

また、いろんな面でも進化しています。科学・福祉・産業・経済と様々な分野においてそのスペシャリストと呼ばれる人たちの手により、変化しています。これらは、人が何かをする事でなせる業でもあります。

さらに、切り分けて考えると、人間社会における人間関係もまたそこには、存在します。全く違った男性・女性や性格や人種と様々です。性格の不一致もあれば、あう人あわない人もきっと出てくることでしょう。でも、人は、仕事とプライベートを線引きして対応する能力(免疫力)を持っています。ある意味凄いのは、環境や状況により自分をコントロールできる点です。

エネルギーも必要としますが、これによって、人は自分を見出しているんだと思います。ただ、怖いのは、時間の経過と共にそういった力が衰えていくことです。もちろん、補うことも可能ですが、自らの力だけでは、どうする事も出来ない事だって残念ながらあります。よく耳にするはなしとして、人は、何らかの目的があって生まれてき最終的には、赤ちゃんに戻り土に帰って行くと。これは、形あるものすべてに共通しています。

よく不老不死という言葉をテレビなんかで聞きますが、やはり、自分の今の地位に満足している人、肩書に溺れる人は、そのままでいたいという一種の願望にかられます。それはいいとしても、どんな人でも振り返ればただの人です。であるなら、どうせなら楽しく、自分にとって納得のいく時間を歩む。それこそが、本来のひとのあり方であり生き方なのかという気が私はします。

メンタルケアのそれぞれ

アートセラピー
傾聴
交流分析
積極技法

知っておきたい事

メンタリング
心理カウンセラーの求められる背景
総合医療
脳の仕組み
うまく付き合う秘訣
ボランティアのカウンセラー

精神的不安要素

ストレス
マイナス思考
劣等感

精神科医とカウンセラー

その違い
教育分野でのカウンセラー
公務員の心理職
産業カウンセラー
心理カウンセラー
公的機関で働くカウンセラー
臨床と認定心理士

こころの病

うつ
荷卸症候群
過呼吸症候群

得する知識

PTSD
メンタルケア協議会
メンタルタフネス
家庭内暴力とDV
催眠療法
社会とヒト
震災後のメンタルケア
Copyright (C) メンタルケアが必要な時に All Rights Reserved