メンタルケアが必要な時に

得する知識

家庭内暴力とDV

こちらの言葉は、誰もが一度や二度は、聞かれたことがあると思われます。これらに関しては、紙一重と言っても良いぐらいに同じ問題かもしれません。では、そもそも、なぜこのような問題が起きるのかを簡単に検証していきたいと思います。

一概には、言えないですが、家庭環境あるいは、社会環境におけるそのひとその人の持つストレスや悩みの蓄積などにより、精神的に追い詰められた時に、知らない自分や周りが見えなくなって起こる事が原因なのではないでしょうか。ひとつのカテゴリで話を進めると、ひとつの家庭の中での夫婦間の問題があります。夫は忙しい毎日で、奥さんは、家の家事や子供の面倒で手を焼かれています。

お互いに仕事をしていて疲れています。自分のことばかり考えてしまい奥さんや子供の事はそっちのけでは、奥さんや子供にも不安な部分が出てきて当たり前ですよね。せめて、奥さんにも目を向けてあげるなど、ほんの些細な事でも気にかけてあげること。または、出来るだけの事は自分でやり、家事を少し手伝って負担を減らしてあげる事をしてあげないと大変です。奥さんからすると、気にかけてくれているという安心感が生まれ、奥さんも頑張らなくちゃという気持ちになるもの。

なかなか疲れていると出来るものではない事は、承知の上ですが。その周りを冷静に見る事は、夫婦円満の秘訣だと言えるのではないでしょうか。DVが起きる理由としてもやはりある意味同じことが言えます。会社での悩みは誰しもあると思います。家にいる時に、子供や夫ないしは妻に目をやらない本人に問題があるのです。お金や名声にばかり気をとられていれば、大切な家庭に目が行きにくい事でしょう。大事なのは、あなたを支えている根本は、かけがえのない家庭であり、最大の理解者である奥さんないしは、旦那さんなのですから。

感謝の気持ちを忘れていなければ、暴力に走る事など、ありえないでしょ。よくいろんな業界のベテランの人が、スランプに陥いることを聞きますが。どんな偉い人でも、人の子なんです。そうな意味では、ベテランの人でも、そんな時、初心にもどり立て直しを図ります。自分が見えなくなる時は、少し立ち止まって冷静になりませんか。そうする事で、今まで不透明だったことが鮮明に見えだし本当にやるべき事が見えるはずです。

メンタルケアのそれぞれ

アートセラピー
傾聴
交流分析
積極技法

知っておきたい事

メンタリング
心理カウンセラーの求められる背景
総合医療
脳の仕組み
うまく付き合う秘訣
ボランティアのカウンセラー

精神的不安要素

ストレス
マイナス思考
劣等感

精神科医とカウンセラー

その違い
教育分野でのカウンセラー
公務員の心理職
産業カウンセラー
心理カウンセラー
公的機関で働くカウンセラー
臨床と認定心理士

こころの病

うつ
荷卸症候群
過呼吸症候群

得する知識

PTSD
メンタルケア協議会
メンタルタフネス
家庭内暴力とDV
催眠療法
社会とヒト
震災後のメンタルケア
Copyright (C) メンタルケアが必要な時に All Rights Reserved