メンタルケアが必要な時に

知っておきたい事

ボランティアのカウンセラー

こちらに関しては、書いて字のごとく無償で人のためにやってあげようというとてつもなく器の大きな考えを持ったひとだからこそ出来る事だと言えます。代表格では、こころの電話・いのちの電話、あとは、規模は自治体まで狭くなり違うカテゴリーですが、民生委員などです。

これに関しては、自治体にもよりけりですが、それほど頻繁に人員を募集することもないようです。そして、ボランティアと言っても、やはり、それなりに経験のある人でないと当たり前の事ですが、採用はされません。

そして、面接で見られるのは、人柄であったりカウンセラーとしての質もやはりみられる事でしょう。ここら辺に関しては、こういう面接に限ったことではなくどこでも同じと言えます。あとは、その面接官のさじ加減である事も否めない部分もあるみたいです。

ただ、別の言い方をすれば、この業界での仕事を希望される人からすると、無償ではあるけれどもそれ以外は、実践での経験を積むとてもいい場所である事は言うまでもありません。ボランティアと言っても、いろんな技法のものがあります。傾聴ボランティアと言われるものにはじまり、心理カウンセリングなど幅広いモノがあります。

そもそも、日本のボランティアのはじまりは、1989年のアメリカ・サンフランシスコ大地震にさかのぼります。この当時の日本では、ある大学の講師が、講義終了後に行ったボランティアの呼びかけに対し多数の生徒らが希望し実現に至っています。ボランティアの精神とは、自らの意志で奉仕活動や社会活動に参加し力になってあげようという志を持つことだと思います。

メンタルケアのそれぞれ

アートセラピー
傾聴
交流分析
積極技法

知っておきたい事

メンタリング
心理カウンセラーの求められる背景
総合医療
脳の仕組み
うまく付き合う秘訣
ボランティアのカウンセラー

精神的不安要素

ストレス
マイナス思考
劣等感

精神科医とカウンセラー

その違い
教育分野でのカウンセラー
公務員の心理職
産業カウンセラー
心理カウンセラー
公的機関で働くカウンセラー
臨床と認定心理士

こころの病

うつ
荷卸症候群
過呼吸症候群

得する知識

PTSD
メンタルケア協議会
メンタルタフネス
家庭内暴力とDV
催眠療法
社会とヒト
震災後のメンタルケア
Copyright (C) メンタルケアが必要な時に All Rights Reserved