メンタルケアが必要な時に

こころの病

過呼吸症候群

聞き慣れないこの症状について、少し簡単に掘り下げてみたいと思います。文字を見れば何となく想像できるかもしれません。呼吸する際に、酸素が多く入りすぎ炭酸ガスを多く排出している状態です。具体的には、脳内にある呼吸中枢が何らかの影響により刺激され呼吸しすぎるためとされています。

それこそが、この過呼吸症候群の主な原因とされています。噛み砕いて言えば、二酸化酸素が足りない状態です。なので、通常の酸素運搬も出来ない状態と言えるかもしれません。低酸素症とは違い酸素を吸っても楽にはならないという事です。

その他の兆しとしては、急にか徐々にかはわかりませんが、呼吸がしにくくなり、両手の指先や口のあたりがしびれた感覚に襲われることなどが挙げられます。さらには、胸苦しさなどで死の恐怖を伴う恐れもあります。程度によっては、テタニー症状や心筋梗塞と診断される事もあるようです。

ちなみに、この症状は、特に女性に多いらしいです。また、パニック障害と併発する事例も出てきています。応急処置としては、ペーパーバック法があります。やり方はいたってシンプルです。自身ではいた空気をまた再び吸うというものです。では、どういったひとが、よくなりやすいかと言いますと、何にしても不安になりやすい性格の人や性格に関係なく現実の過剰な心理的ストレスを感じやすい人そして、運動により誘発する事もありえます。

したがって、少しおかしいと思われた際は、ご自身で判断せず心療内科などの診察をおすすめします。ケースバイケースですが、精神安定剤が使用されることもあります。ご自身の体質を把握する事で、未然に防ぐことは出来ると思います。体調管理はきちんと心がけましょう。

メンタルケアのそれぞれ

アートセラピー
傾聴
交流分析
積極技法

知っておきたい事

メンタリング
心理カウンセラーの求められる背景
総合医療
脳の仕組み
うまく付き合う秘訣
ボランティアのカウンセラー

精神的不安要素

ストレス
マイナス思考
劣等感

精神科医とカウンセラー

その違い
教育分野でのカウンセラー
公務員の心理職
産業カウンセラー
心理カウンセラー
公的機関で働くカウンセラー
臨床と認定心理士

こころの病

うつ
荷卸症候群
過呼吸症候群

得する知識

PTSD
メンタルケア協議会
メンタルタフネス
家庭内暴力とDV
催眠療法
社会とヒト
震災後のメンタルケア
Copyright (C) メンタルケアが必要な時に All Rights Reserved