メンタルケアが必要な時に

こころの病

うつ

うつ、これは皆さんが、よく耳にすることばのひとつではないでしょうか。人は、現代社会で生きていく上で、人間関係の構築は重要不可欠とされています。人との付き合いに対して得意不得意もあると思われます。皆さんは、ある意味同じ環境で生活をしています。そういった壁にも打ち勝って前進している人も中にはいらっしゃるはずです。

では、このうつに関して簡単な説明を加えていきます。日々いろんな人間関係にもまれながら生活していると、うれしい事ばかりではなく、凹む事もあれば、挫折感を味わう事も幾度となく訪れるはずです。

それを日々繰り返してひとは、免疫力を自然と身につけある意味成長していきます。ただ、時にひとは、体調や他の環境によりそのサイクルに気持ちをうまく持ってくることが困難な事もあります。そして、それが重く蓄積されてしまうと、一般に言われるうつ症状になるとされます。

この症状には、うつ気分や生命活力の衰退による意欲・行動の低下そして、ネガティブな思考障害などの症状に発展します。ただし、単に一過性のもので一晩寝てしまえば、すっきりとする場合もあるのでその症状ではない可能性もあるようです。

要するに、重度のうつ病と認定されるものから軽度のものまで幅広くあるので、似たような症状が出たからと言って、すぐに、決めつけてしまうのもいけない事であると思われます。ご自身の中で、怪しいと思われるのであれば、一度信頼のおける心療内科や精神科の先生に直接訊ねる方が良いかも知れません。きっと、いい方向に向かうはずです。

メンタルケアのそれぞれ

アートセラピー
傾聴
交流分析
積極技法

知っておきたい事

メンタリング
心理カウンセラーの求められる背景
総合医療
脳の仕組み
うまく付き合う秘訣
ボランティアのカウンセラー

精神的不安要素

ストレス
マイナス思考
劣等感

精神科医とカウンセラー

その違い
教育分野でのカウンセラー
公務員の心理職
産業カウンセラー
心理カウンセラー
公的機関で働くカウンセラー
臨床と認定心理士

こころの病

うつ
荷卸症候群
過呼吸症候群

得する知識

PTSD
メンタルケア協議会
メンタルタフネス
家庭内暴力とDV
催眠療法
社会とヒト
震災後のメンタルケア
Copyright (C) メンタルケアが必要な時に All Rights Reserved