メンタルケアが必要な時に

精神的不安要素

マイナス思考

専門家ではないしろうとが考える、精神的な疲れの根源にあるもので考えるのは、このプラス思考とマイナス思考です。普段の会社でのことです。ある日、ある仕事における責任者に指名されました。

自分の考えたものなら未だしも、会議で決められたクライアントに対しての大きな仕事です。受け止め方によっては、それだけ重要な仕事を自分に任してくれるぐらい見込まれているか、上司または、社長の器がでかいとなります。ただ、人によってはそれを大きすぎるお荷物と捉えてしまうことです。

それは、とてつもなく大きなプレッシャーになり、その事をかんがえただけで不安になり、仕事が手に就かなかったり、胃の調子まで悪くなる。実際に経験されたり体験談としてお聞きになられる人もいらっしゃるのではないでしょうか?

恐らく、こういった場合は、少しリラックスして違う観点から物事を冷静に見ることで、不安が一転、自信や期待へと変わっていくことだってあり得るのです。今回のケースでは、いきなり降ってきた災難のような要素も少しは見えますが、それを達成できれば、自分にとってプラスになり次なるステップへと繋がる可能性を秘めています。たかがマイナス思考だけれども、されどマイナス思考です。

考え方を変えるという誰にでも出来そうな行為ですが、そうでなく日々悩まれている人も中にはおられると思います。そんな人は、まず、信頼のできる身内の方や知人または、お医者さんに、一度相談してみることも手だと思います。悩んでるだけでは、時間だけが刻々と過ぎて行きます。コミュニケーションで、すっきりすることもあります。思い切って試してみましょう。

メンタルケアのそれぞれ

アートセラピー
傾聴
交流分析
積極技法

知っておきたい事

メンタリング
心理カウンセラーの求められる背景
総合医療
脳の仕組み
うまく付き合う秘訣
ボランティアのカウンセラー

精神的不安要素

ストレス
マイナス思考
劣等感

精神科医とカウンセラー

その違い
教育分野でのカウンセラー
公務員の心理職
産業カウンセラー
心理カウンセラー
公的機関で働くカウンセラー
臨床と認定心理士

こころの病

うつ
荷卸症候群
過呼吸症候群

得する知識

PTSD
メンタルケア協議会
メンタルタフネス
家庭内暴力とDV
催眠療法
社会とヒト
震災後のメンタルケア
Copyright (C) メンタルケアが必要な時に All Rights Reserved