メンタルケアが必要な時に

精神的不安要素

ストレス

わたしたちは、普段生活をしている中で、目には見えないストレスを日々感じながら生きています。一番ストレスが溜まりやすい場面としては、サッカーのワールドカップの日本戦です。

見られる方も多いのではないかと思いますが。何回も決定的なチャンスがありながらゴール出来ずに時間だけが過ぎていくときの場面を見ていると、自分では何もできない分イライラ感だけが残りストレスを感じたと思わず口に出すほどです。そもそもストレスとは、たとえば、ボールを指で押したらその分凹みますが、その後元に戻ります。

ヒトへのストレスもそれと似ていて、ストレスを感じても一晩寝ればそれ自体が体から抜けています。これは、ホメオスタシスという正常な状態に体が持っていっている働きのおかげです。なので、圧迫が強すぎたりするとボールは、すぐには戻りません。

同じ様に体もホメオスタシスが正常な役割を果たさなければ、溜まっていき影響を及ぼします。おそらく、ご自身でそういう体質である事を分かっていれば、時間をみて息抜きをするとか思考を変えるとか、普段しない様なアウトドアとかサイクリングとか休日にしかできない様な事をする事で体も休まる事と思われます。

あと良いとよく言われるのは、家族や知人とコミュニケーションを楽しむそして、思いっきり笑うこと。これは、意外に体にはすごく良いこととされています。ただで、健康になれるのであれば一番理想と思います。なので、そういった策をとり健康な体作りを心がけましょう。 

メンタルケアのそれぞれ

アートセラピー
傾聴
交流分析
積極技法

知っておきたい事

メンタリング
心理カウンセラーの求められる背景
総合医療
脳の仕組み
うまく付き合う秘訣
ボランティアのカウンセラー

精神的不安要素

ストレス
マイナス思考
劣等感

精神科医とカウンセラー

その違い
教育分野でのカウンセラー
公務員の心理職
産業カウンセラー
心理カウンセラー
公的機関で働くカウンセラー
臨床と認定心理士

こころの病

うつ
荷卸症候群
過呼吸症候群

得する知識

PTSD
メンタルケア協議会
メンタルタフネス
家庭内暴力とDV
催眠療法
社会とヒト
震災後のメンタルケア
Copyright (C) メンタルケアが必要な時に All Rights Reserved